アスパラガス 種の通信販売

アスパラガス 種に関する通販商品をご紹介しています。



TOPページ | 次のページ

【配送方法『四種普通便』or『メール便』選択で送料無料】 【アスパラガス種子】ウェルカム 1dl (サカタのタネ)【野菜の種】 【野菜種子】【コンビニ後払いOK】

価格: 28,580円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
  プロ用・専門家向け商品 【アスパラガス種子】ウェルカム 1dl (サカタのタネ) 鮮やかな緑色の太茎アスパラガス! 【主なご購入者】 プロ用・専門家向け商品 【種まき時期】 1-2月・3-5月 ※種まき時期は関東を標準とした目安です 【ワンポイントアドバイス】 鮮やかな緑色の太茎アスパラガスです。 病気に強く、生育のそろいがよく、たくさんできます。 アスパラガスの生育期間は長いですが、本種は比較的早く収穫できます。 『商品』の特長 鮮やかな緑色の太茎アスパラガスです。 病気に強くて、生育のそろいがよく、たくさんできます。 アスパラガスの生育期間は長いですが、本種は比較的早く収穫できます。 『商品』の栽培ポイント 【栽培環境・土づくり】 植えつけ2週間前に、1アール当たり苦土石灰150gほどを散布して深めに耕します。1週間前に幅30cm、深さ30cmの溝を掘って、1アール当たり
(更新日時:2017/09/27 04:48)

パープルタワーアスパラガス  渡辺農事のアスパラガス品種です。

価格: 520円 レビュー評価:4.0 レビュー数:1
パープルタワーは、見た目インパクトがある紫色のアスパラガス品種です。 頂点から下まで鮮やかな赤紫色になり、インパクトがある見た目です。 茎は太くなるほうでボリュームがあるアスパラになります。 甘味は強く、食味は柔らかいので美味しいアスパラです。 パープルタワーアスパラガスは、見た目もきれいな赤紫色で味も甘くて美味しい品種です。 農産物直売店などでの差別化野菜として最適だと思います。 見た目と味の両方にこだわった差別化野菜です。
(更新日時:2017/09/27 04:48)

【サカタのタネ】ポールトム アスパラガス 6ml

価格: 310円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
【特性】●さび病に強く、また根から入るフザリウム菌に強く、株枯れがほとんど出ません。秋口まで葉がもちます。収穫物は太めの良いものが採れます。【まきどき】●作型図を目安に、地域や条件に合わせた作型で栽培してください。 【商品について】 当店は実店舗と在庫を共有しているため、在庫更新のタイミングにより 、在庫切れの場合もあります。 このため、商品の入荷待ちや取り寄せによりお時間をいただく場合があります。 また、メーカー品切れの場合は、やむをえずキャンセルとさせていただく可能性 もあります。 恐れ入りますが、予めご了承のほど、よろしくお願いいたします。 【送料について】 ◆種子の小袋は、基本的に第4種郵便にて発送いたします。なお、第4種郵便は重さにより送料が変わり、 その重さによっては別便のほうが安価になる場合もあります。特別なご指定がないときは、当店の 判断で最適な配送方法にて発送いたします。
(更新日時:2017/09/27 04:48)

[野菜タネ]【有効期限17年12月】F1アスパラガス パープルの種

価格: 486円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
紫色のアスパラ。見た目もさることながら、茎の太さは食べ応え十分です。ゆでると茎が深いグリーンに変色します。柔らかくて食べやすく、家庭菜園で手軽に作れる強健な野菜です。種まきから最初の収穫までは2年くらい待たなければなりませんが、その後は毎年大きくなる株から、10年くらいはたくさん収穫できます。3年目より春から秋にかけて順次収穫できるようになります。塩茹で、炒め物等に、加熱するとグリーンに。茹でる時に酢やレモン汁を入れると色止めになります。まき時:4月?6月、9?10月 発芽適温:15?18度収穫:3年目の5月?6月 草丈:約45cm用途: サラダ、煮物、炒め物 日照:日なたを好む発芽率:70%生産地:米国容量:約0.7ml種まき:発芽率を高めるため、たねまきの前に種をぬるま湯に12時間ほど漬けます。よく土をならし、30cm間隔ですじまきし、10?15mmほど土をかけます。芽が出るまでは土が
(更新日時:2017/09/27 04:48)

【イタリアの野菜の種】 Hortus社 アスパラガス アルジャントゥイユ

価格: 486円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
●種まき  4-5月 ●収穫 3年目4-6月 その後 5、6年収穫可能 【種まき】 日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土を十分湿らせ苗床か育苗ポットに点蒔きをし発芽までの2、3週間は地表の乾燥防止と25-30℃確保のためビニール等で覆う。 【定植】【植えつけ】 間引き後、10月下旬-11月上旬に、寒冷地では翌年の3-4月芽数が多く太根の多い株を選んで、株間30-40cm畝幅1mに1株づつ地表から10cm位に植えつける(浅植えは倒れやすい)株養成のため立てる茎の本数は株当たり4-5本にすると収量が増加。同時に有機質肥料をしっかり与えます。 【収穫】 収穫は3年目の春からで、若茎が次々と萌芽し、25cm位に伸びたら地際から切り取ります。最盛期には1日5cm以上伸び毎日の様に収穫が楽しめます。 ビタミン・ミネラルが豊富、コンパニオンプランツとしてトマトとの相性は抜群。雄花、雌花とあります
(更新日時:2017/09/27 04:48)

Supported by 楽天ウェブサービス

TOPページ | 次のページ